スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.51現役時代の反省

反省点です。
まず高校入学より前の話。今思うと合格発表の次の次の日ぐらいに戻りたいです。
理由は遊びすぎたこと。第一志望の高校に受かって調子に乗り入学式までの毎日ゲームやら友達と遊んだり、勉強なんて一切していませんでした。同じ中学からの友達がかなり居たので安心していた部分がありました。
入学して高校の授業。はっきり言って授業の質は自分にはよくは感じなかった。中学までは寝ている人なんて居なくてむしろ寝てたら笑いものにされてたのに古典の授業などとなるとほとんどが机に堂々と突っ伏して睡眠時間となっていました。そんな環境をみて自分自身余裕というか、とにかく「勉強する」という意識にはなれませんでした。
塾にも通ってはいましたが正直ついていけていませんでした。単語テストするにも周りは8割以上なのに自分だけ6割とかでした。このとき少しは焦るべきだったんですね。しかし代ゼミの模試で偏差値60位でだったので、自分の中で「高3になったらがんばる。」とずっと思っていました。もちろん高3からじゃ間に合わないというのは言われていたし、分かっているつもりでしたが、その意識が甘かった。

高2、集団塾をやめて個別指導に切り替えました。実は中学時代は個別指導塾に行っていました。ここで成績が少しは上がると思っていましたが、全くの横ばい。むしろ模試の範囲が広くなり下がっていきました。ここでも特に対策は打たず、「いつか上がるだろう」と思いずっと個別指導に通っていました。部活は高2の夏が終わる頃に引退。

高3、ゲームはやらないようにし、完全入試モードに切り替えました。しかし結果からいうと間に合いませんでした。
この時期になるとマーク模試を受けるのですが、これも成績はほぼ横ばい。校内模試も下から2割ぐらいから抜け出せませんでした。

そしてセンター試験。目標8.5割。現実6割ちょい。受けたのは英語(リス含)、数学1A2B、国語、物化、政治経済。
もともと東工大志望だったので前期足きりは大丈夫だったものの、2次でかなり他の人と差をつけなければならない状況でした。後期はどこも出願せず。
私立はセンターがひどかったので急遽増やして、慶應大学薬学部、早稲田大学理工学部を出願。このときほぼ早慶対策はしていませんでした。

私立受験。結果どちらも不合格。出来た感触がある教科はあったものの、そのほかで足をひっぱりました。

そして第一志望東工大入試。数学はぶっちゃけ簡単でした。でも英語、物理、化学で若干傾向が変わり、自分の力を出せずに終了。終わった瞬間不合格を確信してました。

そして発表まではゲーム解禁、ネットし放題、遊びまくり。。。
まぁ発表が終わって結果は分かっているものドキドキしながら発表を見るももちろん不合格。

周りの東大志望の人も片手の数以下しか受かっていないようでした。

そして予備校探し、新たな志望大学を探しています。←今ここ

★東工大を志望した理由はいくつかあって、
1、国立がよかった
2、センター自信ない!
3、苦手な英語が比較的簡単な東工大

と、かなり軽い理由で東工大を志望していました。
早慶以外に私立を受けなかったのは、行く気が無かったのと、豚フルなどをもらいたくなかったからです。

反省点はぼろぼろ出てきて書きようがないのでこれくらいにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

No.51-ナンバー51-

Author:No.51-ナンバー51-
どーも。NO.51(イチロー)です。
2010年卒の浪人生、そうです、
一浪(イチロー)です・・・

ここでは浪人決定から大学合格
までの記録を残し、それを公開し、
これから受験を経験するであろう
方々の役に立ちつつ、自分自身
にとってもプラスになるようにしてい
きたいと思います。

最近の記事+コメント
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
2011年度国立前期試験まで
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。